ラケットを短く持ったり長く持ったりすると・・・

テニス追加グリップ

こんにちは、KEITAです!

 

最近メンタルの話ばかりしているので

今日は久々に

技術の話をしていきたいと思います。

 

 

テニス追加グリップ

 

 

僕のもとには

「速いボールが打ちたい!」

とか、逆に

「もっとボールを安定させたい!」

そういう質問が結構来ます。

 

そこで、今回は

そんな疑問をまとめて解決してしまう

とっておきのアドバイス

1つお送りします!

 

 

それは、

グリップを短く持ったり、

長く持ったりすること。

 

はい!これだけで超~~変わります。

 

 

強いボールを打ちたい!

 

 

その場合は

グリップを普段より長く持ちます。

 

できるだけ長く持ちます。

 

そうすると「遠心力」が大きくなるので

「順次加速運動」が最大化して

スイングスピードが速くなります。

 

 

順次加速運動というのは

いわゆる「鞭」の”しなり”のことですね。

 

最初は鞭の”柄”の部分から先に出て、

あとからそれを追い越す形で

鞭の”先端”がしなって出てくる。

 

テニス追加順次加速運動

 

 

この運動原理を最大限生かすには

できるだけグリップを

長く持ったほうがいいのです。

 

特にサーブではやり易いと思うので

もしサーブのスピードを

手っ取り早く上げたい人は

試してみてください!

 

 

 

ボールのコントロールを安定させたい

 

 

そういう人は

グリップを普段よりも

短く持ってみてください。

 

テニス追加グリップ短い

 

なんで短く持つといいかっていうと

そうすることで

ラケットの「操作性」がアップするから

です。

 

グリップを長く持つと

遠心力は大きくなるのですが

その分インパクトで

タイミングを合わせるのが

難しくなります。

 

 

そこで、今度は逆に短く持つことで

順次加速運動は小さくなりますが

その分タイミングを合わせることが

容易になるのです。

 

 

もともと、テニスを難しくさせるのは

「ラケットの長さ分のイメージ誤差」

に原因があると、

僕は思っています。

 

僕はよくハンドテニスをさせますが

その理由はラケットよりも

自分の手でボールを打つほうが

「圧倒的に簡単だから」です。

 

なぜなら、自分の手には

自分の神経が通ってるから。

 

手のひらでボールを打とうとすれば、

ボールとの距離感を

腕の神経細胞全体で感じとることができるので

タイミングを合わせるのは容易です!

 

 

しかし、ラケットはグリップからヘッドまで

約70cmほどあります。

 

その70cmを僕たちは

“体感できない”ばっかりに

ボールを打つのが

かなり難しくなるのですね。

 

神経通ってないですからね、ラケットには。

 

だから、

「ラケットを自分の腕のように扱えるようになる」

ことが超重要!!

ということです。

 

たった70cmですが、

それを自分の身体の一部にできるかどうかで

テニスが変わります。

 

 

ちなみに、僕は調子が悪くなったら

ラケットを短く握るようにしてます。

 

調子が悪いときほど、

ラケットと腕が分離してるからですね。

 

その「誤差」を小さくするために

短く握るわけですね。

 

 

というわけで、

今日は珍しく技術について語ってみましたー。

 

それでは!

 

PS

この他にも

「ヘタクソでも上手くなれる」

KEITA独自のスペシャルな上達法を

下のメルマガで公開しています!

 

関連記事

  1. %e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f

    プロや上級者の打ち方が万人にとっての「正解」ではないということ

  2. テニス画像68

    インナーゲーム⑦インナーゲームは脳科学でも説明できる!

  3. テニス画像69

    インナーゲーム⑧集中力こそ、テニスが上達するためのカギだった!

  4. テニス画像67

    インナーゲーム⑥セルフ2の力とは

  5. テニス画像63

    インナーゲーム④フォームを意識することで下手になる

  6. テニス画像70

    インナーゲーム⑩ボールをよく見ることで得られる効果!

  7. %e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

    イップスになって気づいた人生のテーマ的なもの

  8. テニス画像61

    インナーゲーム②正しいフォームを身につけることが上手くなることだと思っていませんか?

  9. テニス画像62

    インナーゲーム③「フォームありき」の上達法に代わる【次世代の上達法】

PAGE TOP