インナーゲーム④フォームを意識することで下手になる

テニス画像63

テニス画像63

前回の二つの記事を読んでいただければ、フォームありきの従来の指導法では、上達に限界があるということはご理解いただけたと思います。

 

知っておいてもらいたのが、トッププロ達は皆、「どういうふうにラケットを振ろう」とか全く考えていないということです。

 

おそらく彼らの9割以上のプレーは自身の「感覚」に基づいて自然に行われているのでしょう。

 

このことが何を意味しているかわかりますか?

 

実はテニスが上手いと言われる人たちほど、自分がなぜテニスが上手なのか説明できないのです。

なぜなら、彼らにとってそれはただ「普通に」プレーしているだけなのですから。

 

彼らが考えていることはいつもただ一つ、

「ボールをどこに打てばこのポイントをとることができるか」

それだけです。

 

そして自分が「あそこにこんなボールを打ちたい」と望めば、自然とその場所に意図したボールを打てるように身体が動くのです。

そのことから考えると、

「フォームを意識しない」で「感覚」のみでプレーできるようにすること

が、私たちの技術習得のゴールなのです。

 

なぜならテニスの技術は「オープンスキル」、つまりそれを使うシチュエーションが絶えず変化する競技特性を持っているからです。

 

世間一般では「安定」を求めてフォームを一定に固定したがりますが、実は100%安定したフォームは、100%安定したボールコントロールを実現しません。

 

つまり、選手は「常に同じフォーム」でボールを打っていては、逆に刻一刻と変化する状況に対応することなどできないのです。

 

むしろ、本当に上手な選手からしたら、それは非常に不自然なことです。

 

そんな「不自然」な状態を進んで作り出そうとするのが、従来の「フォームありきの指導法」なのですから、やはりその有効性には限界があると言わざるを得ません。

次回:「2人の自分」の存在を知ろう

関連記事

  1. テニス追加グリップ

    ラケットを短く持ったり長く持ったりすると・・・

  2. テニス画像60

    インナーゲーム①正直別次元の「技術論」です

  3. テニス画像64

    インナーゲーム⑨集中するためには、視覚と聴覚を使え!

  4. テニス画像65

    インナーゲーム⑤「2人の自分」=セルフ1とセルフ2の存在を知ろう

  5. テニス画像72

    インナーゲーム⑫「神谷流」は集中力アップにも最適!

  6. テニス画像67

    インナーゲーム⑥セルフ2の力とは

  7. テニス画像62

    インナーゲーム③「フォームありき」の上達法に代わる【次世代の上達法】

  8. テニス画像74

    インナーゲーム⑬ミスの原因はいたってシンプル

  9. %e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

    イップスになって気づいた人生のテーマ的なもの

PAGE TOP