インナーゲーム①正直別次元の「技術論」です

テニス画像60

テニス画像60

どうも、KEITAです。

 

テニスの技術については様々な理論、指導法や上達法があふれていますが、これから僕がお話することは、世間一般で指導する「技術指導」とは一線を画したものであることをご理解ください。

僕はあなたに99.99パーセントのテニススクールが教えているような、「正しいグリップ」も「正しいフォーム」も一切教えるつもりはありません。

なぜなら、そんなものは存在しないし、そんなことを教えても、

あなたの実力はまったく変わらないからです。

 

あなたは不思議に思いませんでしたか?

 

フォームはきれいなのになぜか上手く打てない人がいる一方、端から見たら自己流で汚いフォームの人が自由自在にボールをコントロールできていることを・・・。

 

しかし、実はこれはまったくおかしなことではないのです。

これから、僕がするお話をお聞きいただければ、その理由がさも当然のことのようにわかるでしょう。

 

そして、テニスが上達するために、本当に大事なことが何なのか?

あなたは知ることになります。

 

そして、あなたは今までの常識に縛られることなく、「自由に」テニスが楽しめるようになります。

ぜひ、心を躍らせて、次の記事を読んでみてください!

次回:正しいフォームを身につけることが上手くなることだと思っていませんか?

関連記事

  1. %e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f

    プロや上級者の打ち方が万人にとっての「正解」ではないということ

  2. テニス画像61

    インナーゲーム②正しいフォームを身につけることが上手くなることだと思っていませんか?

  3. テニス画像72

    インナーゲーム⑫「神谷流」は集中力アップにも最適!

  4. テニス追加グリップ

    ラケットを短く持ったり長く持ったりすると・・・

  5. テニス画像69

    インナーゲーム⑧集中力こそ、テニスが上達するためのカギだった!

  6. テニス画像68

    インナーゲーム⑦インナーゲームは脳科学でも説明できる!

  7. テニス画像75

    インナーゲーム⑮じゃあ、うまい選手のプレーは見なくていいの?

  8. テニス画像67

    インナーゲーム⑥セルフ2の力とは

  9. テニス画像65

    インナーゲーム⑤「2人の自分」=セルフ1とセルフ2の存在を知ろう

PAGE TOP