すべてはここから始まった!シリーズ②~2ブレインメソッド【2】~

【第2話】KEITA人生最大の挫折・・・そこから復活を遂げた2つの要因

 

本日は早速第2回目のレッスンに入りたいと思います!

 

と、その前に前回お話したことを簡単にまとめると、

 

「現状、99%の指導者たちは、

テニスを本当に上達させる方法を知らない!」

 

ということでした。

 

驚愕ですよね。

 

もしも「まだ前回の動画を見てない!」

という方は、ぜひこちらからご覧ください。

 

【第1回】日本のテニス界のヤバい現状とは?

 

 

では、どうすれば本当にテニスが上達し、

そして勝てるようになるのか?

 

僕はこれまでの経験から、

それには従来の上達法とは大きく異なる、

ある”2つの考え方”が重要である

という結論にいたりました。

 

その2つの考え方とは、

①技術ではなく戦術と戦略を最重要視すること

②プレーする際は一切フォームを意識しないようにし、代わりにボールのみに集中すること

 

これらの考え方を普段の練習に取り入れることで、

あなたは最短最速で上達することができます。

 

ただ、おそらくあなたはこれを聞いて、

 

「戦術ってどう立てればいいんだよ?」

「結局どんな戦術も、技術のあるやつしかできないんじゃないの?」

「フォームを意識しないでボールが打てるようになるわけないだろ?」

 

など、正直多くの疑問を抱いていると思います。

 

まあ、今まで誰からもこのようなことを

言われたことがなかったのですから当然ですよね。

 

しかし、この2つの重要な考え方は、

僕が高校時代に「イップス」という精神上の問題で

ボールが全く打てなくなってしまった時の

苦い体験から気づいたものです。

 

※参考:KEITAの物語

 

それまで僕はテニスを

「正しいフォームで打てるようなること=上達」

だと、信じて疑いませんでした。

 

しかし、僕はそんな間違った考え方を続けたばっかりに、

調子を徐々に落とし始め、

気がつけばボールがコートに

全く入らなくなってしまったのです。

 

当然、それからは前までは普通に勝てた相手にも

全く勝てなくなってしまいました。

 

僕はこのどん底の経験から悟ったのです。

 

「どんなにフォームを綺麗にしようと努力しても、

テニスが本質的にはうまくなることはない」

ということに。

 

今回は、そんな僕が

このような考えに至るきっかけとなった体験を、

あなたに動画でお話しさせていただきたいと思います。

 

【第2話】KEITA人生最大の挫折・・・そこから復活を遂げた2つの要因

 

この動画を見ていただければ、

僕の言っていることが決して眉唾ではないことがわかると思います。

 

そして・・・次回からはいよいよ

「核心」に迫りたいと思います。

 

あなたはどうすれば

勝つための戦術と戦略を身に着け、

そしてそれを自由自在にコート上で

駆使できるようになるのか?

 

正直、テニスにおける戦術・戦略を理解し、

それらを状況に応じて

正しく使うことができるようになれば、

あなたは今よりもあと

2、3回戦は多く勝ち進むことができるようになるでしょう!

 

そんな強力な武器となる戦術と戦略ですが、

ではいったいテニスにおいては

どんな戦術・戦略が有効であり、また、

それらをどのようにして身に着けていけばいいのか?

 

それらを次回の動画では

みっちりお教えしたいと思います。

 

NEXT⇒【第3話】勝つための戦術戦略&右脳に直接運動学習させる方法とは?(前編)

PAGE TOP