『実現力』を高める~新ハイパフォーマンステニスのコンセプト~

テニス画像36

※最後に超有料級のプレゼントのご案内がありますので、ぜひ最後までお読みください。

何もできなかった大学時代までの僕

テニス画像22

「自分には決定的に欠けているものがある・・・。」

僕はようやくそのことに気づいた。

 

大学3年の僕は試合に負け、それまで僕が僕自身の努力で勝ち取ってきた「自信」というものを完膚なきまでに叩き潰された。

「何もできなかった・・・」

という表現がふさわしい。

 

僕はその年、1年間チームのキャプテンを歴任したが、全くと言っていいほどチームに貢献できなかった。

 

つまり、勝てなかったのだ。

 

個人戦ではそれなりにいい成績を収めたものの、団体戦ではからきしダメ。

夏の関東試合の2回戦まで、僕は1勝もあげられなかった。

結局その年の団体戦で僕が勝利したのはその1戦のみ。

 

しかし、キャプテンというのは団体戦でチームを勝利に導いてこそ、存在価値が有る。

「結果」でチームを引っ張るその背中を見せることで、その他のメンバーの士気を上げる。

キャプテンとは、いわばチームの「精神的支柱」なのだ。

チームの「象徴」「魂」と言ってもいい。

「キャプテンが負けたら、その時点でチームは終わる」。

と言われるくらい、団体戦においてキャプテンの責任は重い。

そのくらい「キャプテン」を名乗るからには「結果」が求められた。

 

にもかかわらず、僕は全くと言っていいほど「結果を出せない」のだから、当然チームの士気を上げることも、チームに貴重な1勝をもたらすこともできなかった。

 

その1年、僕は本当に形式的に「キャプテン」を名乗っていたにすぎない。

前年、少しばかりいい成績をあげただけで、僕は完全に調子に乗っていた。

勢いだけでは勝てない。

メンタルの弱さや、そもそもの実力がまだまだ未熟だったことを露呈した1年だった。

さらにはチームを引っ張る「リーダー」としての気質、勝負にかけるこだわり、執念。

「何が何でも勝つ。結果を出す。」という気持ち。

何もかもが不足していた。

 

当時の僕は人間として弱かった。

 

・テニスの技術
・上達に必要な知識
・対戦相手の情報
・戦術&戦略
・対人スキル(コミュニケーション力)
・セルフマネジメント
・メンタルタフネス
・情熱(モチベーション)

 

全てが足りていなかった。

***

「進化」しない限り、何も変わらないと気づいた

テニス画像23

ただ、今思えば僕はラッキーだったとも言える。

「俺なら絶対できる!」

失敗する可能性すら考えられない「アホ」だったからこそ、キャプテンの重責を担うことに対して迷わずチャレンジできた。

その結果、大事故を起こして大怪我した(笑)。

でも、それがこの大学生というタイミングでよかった。

どの道、自分の能力のなさのせいで遅から早かれいつか糞詰まっていたに違いないのだから。

22歳というまだ若い時期に自分に足りないもの、未熟さをはっきりと自覚し、とことん向き合えたことで、僕は自分自身がここから大きく「進化」しなければならないということに気づくことができた。

 

これから先の人生において「挑戦」を辞めるのであればその必要はなかったかもしれない。

しかし、サッカーの本田圭佑選手が言うように「挑戦しない人生ほどつまらないものはない」と僕は思ってる。

 

結局、「こうなったらいいな」という願望を胸に抱き続けてるのにもかかわらず、何もしない人生ほど、惨めな人生はない。

これは僕が26年の人生の中で得た一番の教訓かもしれない。

自分の感情に素直にならなきゃ、それはいわゆる「ムッツリスケベ」と同じだ。

目の前の「欲」に対して心の中ではニヤニヤしながらも、表面上は「は?別に興味ねーし~」と強がりを言う。

 

それってダサすぎじゃないか?

 

「あーあの娘かわいな~。でもでもでも・・・自分なんかじゃ到底相手にされないよな。。。うん。叶わない夢を見るのは辞めよう。」

⇒はなから興味のないフリをする。

 

はーダッサーwww

 

ただ、人のことは言えない。
昔の僕がまさしくそうだったからだ。

僕は自慢じゃないが、自分の心に嘘を付くのが大得意だった。

 

僕は20歳まで好きな女の子に一度も告白したことがなかった。
(当然告白されたこともない。)

遠くから好きな女の子の一挙手一投足をじーっと眺めているだけ。

はい、ただの「変態」です(笑)。

「あんなかわいい娘、俺のことなんか好きになるわけないよ」

最初から諦めていました。

だから何もしなかった。

自分から話しかけることも、もちろん告白することも。

 

その代わり、僕はテニスに没頭した。

「俺はテニスが恋人なんじゃ!女の子なんか興味ないわー!」

はい、キモすぎですね(笑)。

 

でも、当時の僕はそれを当たり前のことだと思っていたし、それが「可能性を諦めている」ことだとすら自覚していなかった。

「待ってればまたそのうちチャンス(また他の魅力的な女の子と知り合える機会)は来る」

高校がダメでも大学で。

大学がダメでも社会人で・・・・。

自分が変わらなくても「いつか」願いが叶う日は来るに違いない。

当時はまだそう思っていたから。

 

でも、違った。

 

・テニスも
・女の子も
・お金も

自ら掴みに行かなければ一生手に入らないものだとはっきりと自覚した。

それが22歳のとき。

これらを全部、一生手に入れないまま、自分はこの人生を終えるのか?

 

「いやいや、無理でしょ。絶対嫌だ。」

 

そう思いました。

じゃあどうするか?

 

答えは1つで自ら「進化」するしかない。

 

このまま何も変わらない自分では、今後何をやろうが、どこに行こうがずーっと同じ失敗を繰り返すだけだ。

自分の行く末が22歳の時点ではっきりと見えてしまった僕は、はじめて自らの意思で進路を決めた。

この人生で手に入れたいもの、その「すべて」を手に入れるために。

 

そんな当時の僕の「野心」を具現化したのが、この『ハイパフォーマンステニス』だった。

***

本田圭佑のような「実現力」のある人間になる

テニス画像16

自分が満たしたい欲求に素直になること。

そして、その欲求を満たすためにそれを実現できる力を持つ、最強の人間に進化すること。

 

それが僕が今目指していることだ。

同時にあなたに勧めたいことでもある。

僕が理想として掲げているのはサッカーの本田圭佑のような人間だ。

 

ブレないメンタルとみなぎる自信。

そして緻密な戦略家であると同時に、自分自身と他人の両方をマネジメントする力に長けている。

はっきり言って僕は彼を「人類最強レベルの男の一人」だと思っている。

 

ただ、サッカー選手として最強なのではない。

むしろ、彼自身は自分でも自分にサッカーの才能はない(=どっちかって言ったら自分はサッカー選手に向いていない)とはっきりと自覚していると思う。

テニス画像26

それにもかかわらず、日本の換えの効かない存在として君臨し続けている。

彼のすごいところはその自身の欲望を叶える力、つまり、その「実現力」が非常に高いところだ。

 

・チャンピオンズリーグ出場
・ワールドカップ出場
・アジアカップ制覇
・セリエA入団

 

彼が成し遂げたことをあげればきりがないけれど、彼の本来のサッカー選手としてのポテンシャル(中学時代ユースへの昇格を逃す)からしたら本当に考えられないほどの「結果」を、彼は残し続けてきた。

 

でも、じゃあこの結果は果たして偶然生まれたものなのか?

当然そんなはずはない。

これらのことを成し遂げられたのには彼にそれを実現させるだけの「力」があったからに他ならない。

 

では、彼の持つ力とはいったい何か?

 

僕が思うに、彼の中で最も優れた才能は自分の中に「こんな未来を実現したい!」という強く明確なビジョンを描く力と、それを自分だけでなく周りの人間にも伝播させる力があること。

 

だから「彼(本田)が言うならその通りにやってみよう」と多くの人に言わしめることができる。

結果、彼の描いたビジョンは多くの人を巻き込み、次々と実現していく。

 

つまり、彼の本質はそんな「人を巻き込む力」=「ビジネスマンとしての才能」にこそあると僕は思っている。

で、そのことを彼も自覚しているらしく、将来は「ビジネスマンとして日本のワールドカップ優勝に貢献したい」とインタビューの中ではっきり明言している。

 

で、結局何が言いたいかというと、たとえるならサッカーが上手くなれるのはサッカーの才能があるやつだけじゃない、ということ。

 

もちろん、これはテニスにも当てはまるし、恋愛にも当てはまるし、ビジネスにも当てはまる。

その分野における個別具体的なスキルを持っているか否かで成功するかどうかが決まるわけじゃない。

もちろん、スキルにおける才能があったほうが有利に越したことはないが、なくてもどうってことないってこと。

 

逆に、才能があってもイマイチ芽が出ない選手も多いですよね?

 

じゃあ、彼らと本田圭佑の違いはいったい何なのか?

それこそが『実現力』の差だと僕は思う。

 

言うなれば個別具体的な技術やスキルというのは、あくまで理想を実現させるために使える1つの「ブロック」にしか過ぎないということ。

でも、大事なのは他にも無限にあるブロックを組み合わせて「理想の形」を作れるかどうか。

いくら1つのブロック単体が光っていても、それを他の要素とうまく組み合せられなければ「理想形」は完成しないということです。

 

そこで、僕たちが高めなければならない能力こそ、「実現力」に他ならない。

 

単体のスキル(フォアハンド、バックハンドetc…)を極められるかどうかは確かに個々の才能に左右される部分もある。

だけども、本田圭佑が身につけているような本質的な「実現力」さえあればそんなのは関係ない。

他の要素の組み合せ次第でいくらでもカバーできる。

 

そして、何よりこの実現力は一度身に付けてしまえばありとあらゆる分野で応用できる。

本田選手がサッカー選手としても、ビジネスオーナーとしても、教育者としても成功していることからもそれはわかる。

 

なぜなら、この実現力こそ何かを成し遂げる際に必要な「本質」だから。

 

この実現力を高めていくことでテニスだけじゃなく、この人生でチャレンジしていくことすべてで結果を出せるようになると僕は確信しているし、だからこそ、今僕はそれを身に付けようと毎日必死にもがいています。

 

なので、これから僕はハイパフォーマンステニスを通してただテニスが上達するためのテクニックや方法論だけではなくて、理想を実現するために必要なありとあらゆることを発信していきたいと思っています。

***

進化=視野を広げ「思い込み」から脱却すること

テニス画像17

では、具体的にどうしたらその『実現力』を高めることができるのか?

そもそも一口に実現力と言ってもありとあらゆる要素を含んでいるので、一言で言うのは非常に難しいんですが、1つ答えを言うなら、それは「基準値」を上げることです。

 

これはハイパフォーマンステニスの中でも一貫して言ってきたことですが、多くの上手くいかない人というのは大なり小なり「思い込み」にとらわれてるわけです。

 

テニスで言えば「こういうフォームでボールを打たなければいけない」とか。

ほんとは打ち方なんて全く関係ないんですけどね。

 

で、これってテニスだけじゃなくてそれ以外の分野でも全く同じことが言えるんですよ。

たとえば僕ならずっと「自分みたいな男がモテるわけない」って思い込んでいました。

だけど、ちょっと女性心理を学んで、どういうふうに振る舞えばいいかとかを学べば、一瞬で解決する悩みだったりするわけですよね。

でも、そういった知識を知らない人にとっては「モテない」ってのは、もう泣きたくなるくらい深い悩みなわけです。

 

だからこそ、まずは今の自分の中にない『基準値』を得て、自分の中の「モノサシ」を変えること。

 

はっきり言って、過去にも現在も、あなたが今抱えてるのと同じような悩みを抱えていた(る)人なんて腐るほどいるんですよ。

ということは、あなたが抱えてる悩みを解決するための「答え」は、すでにその中の誰かが解き明かしてくれているわけです。

なので、まずはそうしたもともと0とか、もしくはマイナスの状況から始めて、その状況を好転させた人の話を実際に聞くことです。

 

そして、リアルに

「あ、今の自分が抱えてる悩みなんて別にたいしたことじゃないんだ」

ということを「体感」するわけです。

「この悩みを解決することなんて当たり前のようにできるんだ」

と。

 

まずは「絶対自分にもできる!」っていう「実感」を得られないことには「実現力」なんて高めようがない。

そこで、これからハイパフォーマンステニスではあなたの持つ「思い込み」や「とらわれ」、そして「常識」を破壊できる人やそのコンテンツを次々と紹介していく予定です。

***

欲張っていい。「世界」を広げる重要性

テニス画像24

実際、僕も今まで何人ものそういう人達と出会って来ましたし、彼らから様々なノウハウだったりテクニックを学んできました。

テニスの技術、戦略、セールス、集客、マーケティング、恋愛、ナンパ、人間心理、投資などなど。

 

で、そうしているとだんだん気づいてくるわけです。

「成功者の共通点」というやつに。

 

結局、分野は違えど、上手く行ってる人って少なからず皆同じ感覚だったりマインドだったりを持っているんですよ。

だから、なおさら「上手くいかない人」との違いとかも際立ってわかるようになります。

今ではちょっと話しただけで、
「この人は上手くいく」
「この人はちょっと時間がかかりそうだな」
とか、もう一瞬でわかります。

 

で、重要なのは「テニス以外の世界」からも学ぶということ。

というのも、テニスだけしていると、どうしても視野が狭まくなりがちなんですよね。

 

たとえば、ある大会で1回戦敗退レベルの人にとって、単純にその大会で準決勝、決勝に進むのってなかなかイメージしにくいと思うんです。

 

ただ、この人が仮に「個人が0から起業し、たった数年で何億という金額を稼ぐ方法」だったり、そのマインドを学んだりすると、不思議とテニスで上位進出するのが簡単に思えてきたりします。

 

結果、それまで無理だと決めつけて活動停止していた脳が急に動き出して、上位進出するためのアイディアがぶわーっと浮かんできて実際に目標を達成できたりします。

実際、僕は勝てないキャプテン時代の後、20代にして「億」の金額を稼いでいる起業家2人の話を聞き、いわゆる「成功者の思考」に触れたところ、翌年は一気にブレークスルーしました。

 

その前の年は団体戦ではプレッシャーから全く力を発揮できなかったのが、嘘みたいなスーパープレーを連発できるようになったんですね。

結果、僕は最後の団体戦では当時のチームのエースとペアを組み、ダブルスのエースとして活躍することができました。

 

これが新しい価値観をインプットし、思考がパラダイムシフトしたことによる絶大な効果です。

 

なんでこういうことが起こるかというと、「誰もが0からものすごい金額を稼げる可能性がある」という新しい概念がインプットされたことで、「テニスの試合で上位進出する」ということの難易度を測る「モノサシ」が変わったからですね。

 

もっと簡単に言えば、いつもよりむちゃくちゃ難しい数学の問題を問いた後って、いつもの問題がより一層簡単に見えるみたいな。

重いラケットで素振りしたあとにいつものラケットを振ってみたらめちゃくちゃ軽く感じるみたいな。

それと同じ原理ですね(笑)。

 

なので、僕のおすすめとしては、テニス以外の世界にも積極的に触れてみるってこと。

今まで自分とは全く関係ないと思ってた世界の常識を取り入れてみる。

で、それを学んだ上で再度テニスを眺めてみる。

 

そうしたら自然と視野が広がって、新しい発想や新しいアイディアが浮かんでくるようになります。

こうした異世界との出会いや、経験が、本当の意味での「強いメンタル」を作り上げる。

小手先のメンタルトレーニングなんかよりも、そのほうがよっぽど効果が高いと断言できます。

 

だから、あれもこれもって欲張ってもいいんです。

叶えたい欲望は全部叶える。

そのために必要な知識やノウハウやマインドは全部学ぶ。

むしろ、そうやって欲張ったほうが結果的に早く「実現力」を高めるための「本質」に気づくことができます。

***

理想を実現するために絶対に超えなければいけない3つの壁

テニス画像19

そして、もう一つ、僕が伝えたいのは実現力を高める上でも実際に理想を実現させる上でも、絶対に解決しなければいけない3つの壁が存在するということ。

 

それは、

・時間
・お金
・人

です。

 

まず時間ですが、人生は有限です。

いつ終わるかわかりませんが、そのときは必ずやってきます。

そう考えたときにはっきり言って無駄なことをしている時間は1秒たりともないわけです。

特に理想を実現させたい僕たちにとっては1秒でも多く理想を実現させるために時間を使いたい。

テニスを極めるのでも、毎日1日中練習できる人とそうでない人のどっちが有利かと言ったら、言わずもがな前者なわけです。

 

が、現状そこまで時間をフリーにできてる人ってまずいません。

学校、仕事、その他もろもろ何かに自分の時間を奪われてる人がほとんど。

結果、誰もが「時間がないー汗」となってしまってる。

 

そこで、そんな時間のなさを「仕方がない」と諦めるのか。

それとも、すべての時間をオールフリーにするために何らかの手を打つのか。

どちらを選ぶかで人生は大きく変わります。

 

そして、もう一つがお金

これも理想の人生を実現する上でなくてはならないものです。

テニスでレベルアップするのだって、極論、レベルの高い海外のアカデミーでレッスンを受けたほうがいい。

もちろん、それが絶対ではないけれど、本気で強くなりたいならそういう選択肢も当然ある。

でも、そのためには当然バカにならないお金がかかってきます。

ツアーを転戦するにも同様にお金がかかります。

その他プライベートコーチやトレーナーだっていないより雇ったほうがいいに決まっています。

 

このように、脳のリミッターを外して考えてみれば、理想を実現するための様々なアイディアが浮かんできますが、それを実行するには現実問題として、やはり「お金」が必要だったりするのです。

 

では、この時間とお金の壁を超えるためにはいったいどうすればいいのか?

答えは自ら事業を起こし、自ら稼ぐ力を身に付けること。

テニス画像28

幸い、今の時代はインターネットがあるので、これを使えば開業資金や毎月のランニングコストなどほとんどかけずに、利益を上げることができます。

 

僕自身、毎月のコストは1万円にも満ちませんが、それだけでここ最近では月に100万円以上の利益を2ヶ月連続で出しています。

 

しかも、インターネットの特性をフルに活用すれば、毎日1時間未満の作業でもそれだけの金額を稼ぐことが可能になるのです。

 

事業を学ぶことは人として成長させてもらえるだけでなく、そうした理想の実現には欠かせない膨大な時間と、莫大な資金を生み出してくれます。

今の時代は、自分のに投資するためのお金を、自分自身の力で稼ぎ出すことが可能なのです。

 

そして、もう一つの壁はです。

テニス画像20

人生における悩みというのは、最後はすべて「人間関係」に帰結すると言われています。

 

テニスをしていても質の高い練習をするには質の高い練習パートナーを見つける必要がありますし、事業をするのでも、結局大事なのは「人」です。

お客さん、ビジネスパートナー、社員。

彼らとよりよい関係を構築しなければ売上は上がりませんし、事業自体を存続させることもできません。

だからこそ、自分が理想とするような人間関係を構築するための方法を学ぶべきなのです。

 

そして、恋愛において「モテる」際にも基本的には全く同じスキルが求められます。

「本当の意味でモテるやつは事業をやっても成功できる」というのは真理です。

 

また、すでに恋人がいたり、結婚している方であれば、その大切なパートナーとの関係をよりよくできれば、当然人生はもっと豊かなものになります。

自分が何か新しい挑戦を始めようというときに、彼ら彼女らから応援してもらえれば、これ以上心強いことはないでしょう。

 

だからこそ、これからハイパフォーマンステニスでは時間、お金、人間関係、これら3つのストレスをフリーにするための方法を発信していきます。

 

その具体的な手段が「ビジネススキル」「恋愛スキル」ですね。

この2つを発信するのは、この世界に生きている誰もが関心のある分野であるということと、生きていく上でこの2つのスキルさえ身に付けていれば、それを応用してありとあらゆる困難を突破できると考えているからです。

 

そして、最終的に「テニススキル」も合わせたこれら3つの分野から、理想の人生を実現するための「本質」を抜き出し、皆様と共有していければと思っています。

***

KEITAの今後のビジョン

Young ambitious executive enjoying and celebrating his business success as he stands in beautiful nature under majestic sky with his arms spread widely holding his thumbs up.

僕は生まれてきたからには、この人生においてやりたいことはすべて実現させます。

今、現在進行形でそのために動いています。

 

そして、これからはその過程で知り得た知識や、出会った人達をこの「ハイパフォーマンステニス」で紹介していければと思っています。

それが結果的に皆様の『実現力』を高めることになると思うからです。

 

今後の僕のプランとしては特に若い人たち(10代)にはまずはテニスに全力で取り組み、とことん自己満足を追求してもらえればと思っています。

その過程で、人間としても間違いなく1段も2段もレベルアップできるでしょう。

 

テニスというスポーツは本気でやればやるほど、自分を成長させてくれると僕は確信しています。

たとえフィジカル的な能力や球技センスが劣っていても、戦術や戦略など、その他の要素でいくらでもそのハンデをカバーできるのがテニスの面白いところ。

 

だからこそ、「戦略的思考」が活かされる余地が多いにあります。

逆に言えば、ただ運動神経が良くても一筋縄では勝てないのがテニス。

 

そういう競技の特性を理解し、その上で「本質」を突いた努力を積み重ねるという経験は、テニス以外のフィールドでもめちゃくちゃ生かされるはずです。

 

そうして僕の持つ上達メソッドを通して、若い人たちと積極的に関わり、僕自身の人生観や価値観、マインドを広く伝えていきたいと思っています。

僕は自分が持つ価値観が決して悪いものではないと思っているし、そこに共感した若い人たちが大人になって今後の日本を担っていくことで、間違いなく社会が良くなると思っています。

 

だからこそ、これから僕はそんな若者との接点を増やすためにも、テニスの技術的なノウハウやテクニック、もしくは試合で勝つための戦略など、今まで有料で販売してきたものも今後は一切課金せず、すべて無料で提供していこうと思います。

 

現に今、YouTubeにはこれまで有料のプログラムに参加してくれていた方のみに限定公開にしていた動画を、次から次へと一般公開に切り替えてアップしています。

テニス画像30

テニスのコンテンツをきっかけに、僕という人間を知って、僕という人間の思考や価値観に触れる人が一人でも増えたらと考えているからです。

 

そして、今後はある意味「オトナ」向けのコンテンツも提供していきます。

 

僕の考える「オトナ」とは、「世の中に何らかの価値を提供できる存在」のことです。

「オトナ」になれば自分だけがよければいいということはなく、世の中に何らかの「価値」を提供していくことが求められます。

なので、多くの人はその価値提供の手段として会社に入り、その事業の一部を担うことでその見返りとして給料をいただいているわけです。

 

ただ、現状、会社の給料だけでは満足する収入を得られていない人も多い。

それは自分の理想の人生を実現するには、どうしても金額的に足りないという意味です。

 

一方、今の世の中には大企業だけではそのニーズを賄いきれない、よりニッチな悩みを抱えた、たくさんの潜在顧客が存在しているという事実もあります。

だから、僕は今後はそんな収入を増やしたい個人と、悩みを解決したいという人、両者を上手く「マッチング」させることが求められる時代になると思っています。

 

つまり、個人が事業を起こし、大企業では解決できないニッチなニーズを持つ人たちに、そのニーズを解決するための商品やサービスを提供するようになれば、お互いにwin-winだよね、ということです。

 

そうした時代の流れをより加速させるコンテンツを、この『ハイパフォーマンステニス』でも提供できればなと。

 

つまり、個人がどうしたら事業を起こして無理なく収益化できるのか?
どうしたら社会に最大限価値を提供できるのか?

 

そして、価値を提供した見返りとして時間と収入、この2つを自由にすることで、今の世の中にまん延する様々なストレスから解放され、理想の人生の実現に向かって力強く歩み出せる「オトナ」を増やしていきたいと考えています。

 

僕自身が大学卒業と同時に事業を始めたのもあり、事業がいかに人を成長させるかということを肌で実感しています。

なので、事業を通して人に感謝される喜びや面白さを伝えていくことで、ひいては理想を実現させるための「実現力」をも同時に高められると考えています。

 

この「実現力」さえ高めれば、結果的にテニスにしろ、恋愛にしろ、現状の悩みというのはほぼすべて解決できると確信しています。

 

「教育」で人を変え、世界を変える。

 

それが今後、僕が掲げる大きなビジョンです。

なので、これからはそんな壮大なビジョンに見合う、スケールの大きな発信をしていこうと思っています。

ぜひここまで僕が話してきた価値観に共感できる方は、今後の僕の発信や活動を楽しみにしていてください!

 

そんな『新ハイパフォーマンステニス』の企画第一弾は・・・

そこで、ここまで話してきた『実現力』を高めていただくために、まず最初に下記のコンテンツを紹介します!

CC画像653

 

 

彼の名前は木村裕一。

投資とビジネスを通して人生を変えた、28歳の男です。

 

最初は彼の「プロフィール」と、そこから続く彼の半生を綴った「物語」を読んでみることをおすすめします。

子供の頃から優秀な家族の影に隠れて、勉強も運動も超平凡。

かつ、高校時代は受験に失敗して止む終えず就職。

そんなこんなで劣等感の塊だった彼が、どうやって経済的成功を掴んだのか?

 

「誰でも絶対に成功できる」と断言する彼から、ぜひ「凡人の成功法則」を学んでください。

(上の画像をクリックすると彼のブログに飛びます。)

 

そして、彼のブログを見て、「彼の話をもっと聞いてみたい!」と、思われた方は、彼が発行している『無料のメールマガジン』に登録されるのをおすすめします。

 

※木村さんのメルマガに登録される方はこちら

⇒28歳で年収6800万円稼げるようになった理由

 

そして、今なら僕からの紹介で彼のメルマガに登録した方限定で、他では絶対に手に入らない、特別なプレゼントをお渡しします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

===========================

①個人で億を稼ぐ死ぬほど自由な24歳と26歳の若き起業家の超ぶっとび対談音声

テニス画像29

こちらの音声は先ほども紹介した、僕が無様な敗北を続けていたキャプテン時代に出会い、それまで抱えていたマインドブロックをぶち壊し、思考のレベルを一気に引き上げてくれた音声です。

テニス画像37

↑当時はこの音声をケータイにダウンロードし、寝ても覚めてもずーっとリピートして聞いていたのを覚えています。

 

結果、前年は全く勝てなかった団体戦でも、次の年から練習以上のプレーができるようになり、その年はチームのエースとして存分に活躍できるようになりました。

 

内容としては、この人生を自分の思うように生きるにはどういった思考&マインドが必要なのか?

まさに、「実現力」を高めるためのヒントがこれでもか!というほど語られています。

 

若いながらも「自分の理想の人生を実現させること」には誰よりも本気な彼らの異次元な価値観が、自分がこれまでいかに「狭い常識」に縛られて生きてきたのかを気づかせてくれる、全17本、トータル4時間越えの超ロング音声対談です。

 

賞味、そこらへんの大学の講師の講義を1年間受講するよりも、実生活の様々な場面で役立つ、圧倒的な学びを得られる音声です。

 

彼らは2人とも起業家なので、そこに関する話題も多いですが、2人ともスポーツ(1人はテニスで1人はサッカー)でも優れた実績を残しているのでそのことについての話や、「AKB48」や「ももいろクローバーZ」などについて語っている回もあり、単純にめちゃくちゃ面白いです(笑)。

全然堅苦しい感じではないですね。

 

彼らのこの対談が、僕が現在の価値観や思考の原点になったと言っても過言ではないので、そういう意味でもぜひ多くの人に聞いていただきたいと思います。

 

②KEITAが過去に実際に有料で販売していた教材4点セット

テニス画像34

①「アルティメットベーシックテクニクス」

②「スイング解体新書」

③「バイブルオブタクティクス&ストラテジー(シングルス編)」

④「バイブルオブタクティクス&ストラテジー(ダブルス編)」

↑これら僕が過去に実際に3万円で販売していた教材集を無料でプレゼントさせていただきます。

 

①と②が技術系コンテンツ、③と④が戦術&戦略系コンテンツです。

 

これら一式を手に入れていただければ、僕がどのような理論の元に練習し、具体的にどんな戦術戦略を実行し、そして勝利を積み重ねてきたのかが、すべてわかります。

 

PDFにしてざっと500ページ越えのコンテンツになります。

動画もついてます(何分か忘れましたw軽く2時間以上はあるはずです)。

 

ボリューミーですが、ぜひ1ページ1ページ丁寧に消化して、ご自身の血肉に変えていただければと思います。

===========================

以上が僕から木村裕一さんのメルマガに登録してくれた方に贈る特別プレゼントです。

 

なお、これらのプレゼントをお贈りするのは限定100名様とさせていただきますので、手に入れ損ねることがないようによろしくお願いいたします。

 

※木村さんのメルマガに登録される方はこちら

⇒28歳で年収6800万円稼げるようになった理由

 

コンテンツの受け取り方法

 

コンテンツの受け取り方としては、まずは上記のリンク先のページからご自身のメールアドレスを登録していただき、登録が完了したらその旨を僕のメールアドレスか、もしくはLINEに対して連絡してください。

 

その際、本文に、木村さんから届いた「最初のメールの件名」を入力してください。

※その記載が本文にないとプレゼントをお渡しすることができないので注意してください。

LgWuLNa0QYBfMD61491708991_1491709274

KEITAの連絡先

メールアドレス:info@highperfo.com

LINE@:@keita

 

最後に

ここまで僕がこれまで考えてきたこと、そしてこれから皆様に対してどのように向き合っていくのか、その方針についての話に長々とお付き合いくださり、誠にありがとうございました。

 

今後もブログやメルマガ内で、僕がこれまで出会って来た、様々な魅力的な人やコンテンツを紹介していきたいと思います。

そして、ここまで話してきた僕の価値観に共感していただける方は、ぜひこれからも一緒に学び、共にお互いの理想を実現させられるよう努力していきましょう!

 

ハイパフォーマンステニス代表 KEITA

PAGE TOP