マリーの対サーブ&ボレーヤーの対策が上手すぎる!

トレンド追加265

トレンド追加256

 

どうも、KEITAです。

 

いよいよ佳境を迎えようとしている全豪オープン

 

錦織選手は準々決勝で王者ジョコビッチの前に敗れましたが

それでもベスト8ですからね!

 

次回の全仏オープン、そしてリオオリンピックこそ

ベスト4以上に進出してほしいところです。

 

 

僕もここ数日は全豪の試合をYouTubeで見て分析分析・・・。

(最近は本当にすぐにYouTubeに試合の動画があがるので本当に助かる)

 

で、今回取り上げたいのは男子シングルス2回戦の

A・マリー対S・グロス。

 

 

もちろんマリーはビッグ4の一角にも数えられる

正真正銘のトッププレーヤー。

 

世界ランク67位のグロスが相手では

正直誰もがマレーの”圧勝”を予想したでしょう。

 

ただ、グロスはその恵まれた体格を生かしたサーブ&ボレーヤーで、

強烈なサーブなどの「一発勝負」に持ち込まれて波に乗られたら

マレーも嫌なはずです。

 

では、そんなネットに突進してくる相手に対し

マレーはどんな戦略で臨んだのでしょうか?

 

答えは・・・

トップスピンロブで徹底的に相手の頭上を狙うこと

でした。

 

トレンド追加264

 

ハイライト動画を見た限りではありますが

相当の数のトップスピンロブを放っています。

 

もちろん、マレーは普通の試合では

ほとんどこのようなロブは打ちません。

 

つまり、グロスの中に「マレー=ロブ」というイメージは

なかったため、このような展開は予想していなかったでしょう。

 

さらに、マレーは「ツアー随一」のコートカバー力を持つ選手です。

 

なので、グロス的には

「一歩でも前に詰めて決定力のあるボールを打たなければ」

そう試合前から思っていたはずです。

 

(ネットでは前に詰めれば詰めるほど守備範囲は狭くなり、

またネットの上でボールをとらえらえるので攻撃力も上がります。)

 

そこでグロスはサーブやチップショットから

早々にネットに突進していきます。

 

「できるだけ前へ、前へ・・・」

 

 

ただ、マレーはそんなグロスの心理を

完全に読んでいました。

 

だから、前に詰めるグロスに対して

これでもかというくらいロブを多用したのです。

 

その作戦は見事にハマり、

グロスはことごとく頭上を抜かれていきます。

 

自身の得意なプレーを封じられたグロスは結局波に乗れず、

セットカウント3-0でマレーの前に敗れ去りました。

 

 

このようにネットプレーヤーにはパッシングだけでなく、

ロブも非常に有効です。

 

パッシングはついつい厳しいコースを狙いすぎて

ミスしてしまうリスクがあるのに対し、

ロブならサイドアウトの危険性はほぼありません。

 

つまり、ネットプレーに対して安全に対処するなら

絶対にロブも手札に入れておいたほうがいいのです。

 

さらに、ロブを使うもう一つの効果として、

相手にロブかパッシングか”迷わせる”ことができます。

 

完全にパッシングだけ、ロブだけしか返ってこないとわかれば、

それを封じることに集中すればいいので

そこそこのレベル相手なら簡単に対応されてしまいます。

 

しかし、これがパッシングかロブ、

常にどっちが来るかわからなければどうでしょう?

 

相手はこちらの返球を「予測」することができず、

結果、迷いが生じて動きやポジショニングが若干遅れてしまいます。

 

そうなればもう怖くありません。

試合の主導権は完全にこちらの手の中です。

 

今回のマレーのように試合巧者ほど

相手に自分の手札を読ませず、かつ

相手が自分の長所を出せないように仕向けます。

 

そのために序盤から様々な選択肢を見せておき、

ときに相手に「偽物」を掴ませながら

ここぞという大事なところで本当の「切り札」を使うわけです。

 

今回は「ネットプレーヤーに対して

ロブとパッシングを使い分ける」という割と単純な戦術でしたが、

これと同じような駆け引きは

テニスでは他にも様々な場面で使われています。

 

もし、そのような駆け引きを学んで

今自分が持っている技術を最大限に活かして

「ずる賢く勝ちたい」というのであれば、

下のメールマガジンでそのヒントを配信しているのでどうぞご覧下さい。

 

 

関連記事

  1. トレンド追加280

    弱者が強者に勝つために意識したい3つのこと

  2. トレンド追加267

    技術と戦術&戦略は”セット”で初めて上達する!

  3. テニス抽象度

    言われたことをそのまま実践してもなかなか上手くいかない理由

  4. テニス追加14

    錦織圭メンフィス4連覇!戦術&戦略を徹底分析してみた!

  5. トレンド追加259

    全豪OPを最後に引退!お疲れヒューイット!

  6. トレンド追加263

    ヒューイットが得意とするカウンターショットを徹底解説!!【解説動画アリ】

  7. テニス追加試合

    テニスはいつでも逆転できる!!~18歳の新鋭が逆転を喫したわけとは~

  8. トレンド追加264

    大激戦!!なぜジョコビッチは格下シモンにここまで苦戦したのか??

  9. テニス追加カットサーブ

    ソフトテニスに学ぶ『ストラテジックウェポン』とは!

PAGE TOP